未分類

菅首相の英語力を現役翻訳者が検証&各国首脳のツイート比較してみた

こんにちは、えまです。

先日、自民党内で菅総理の英文ツイートの「レベルが低すぎる」という苦言があがった、というニュースを読みました。

菅義偉首相がトランプ米大統領夫妻の新型コロナウイルス感染を受け、ツイッターに投稿したお見舞いメッセージに対し、7日の自民党外交部会で「英文のレベルが低すぎる」と苦言が相次いだ。
https://this.kiji.is/686502445558203489?c=39550187727945729

今回は、菅首相の英文ツイートを読んだ感想と、同じくトランプ大統領へのお見舞いツイートをした各国首脳の英文も紹介します!

菅首相の英語力は?

問題となったツイートは、こちらです。

このツイートには日本語訳もありました。

Dear President Trump,
I was very worried about you when I read your tweet saying that you and Madam First Lady tested positive for COVID-19. I sincerely pray for your early recovery and hope that you and Madam First Lady will return to normal life soon.

親愛なるトランプ大統領へ、
貴大統領とメラニア夫人がコロナに感染したとのツイートを見て心配しましたが、お二人が速やかにコロナを克服し、日常を取り戻すことを祈っています。

駆け出し翻訳者の私がこのツイートを読んだ第一印象は、

「え?何がダメなの??(・∀・)」

でした。

どんなひどい英文なんだろう・・と身構えていたら、
あまりにも普通の英文で拍子抜けしました。

若干冗長な気もしますが(最初の一文はいらないかも?大統領夫妻がコロナに感染したことは誰もが知っているし、ネガティブなことなので)、

特に間違いのない「通じる英語」だと思います。

これだけ英文が書ければ、非ネイティブとしては十分ではないでしょうか。

これに「レベルが低すぎる」と指摘する人は、どれだけ高い英語力をお持ちなんだろう・・・
というのが正直な感想です。

菅総理を政治的に支持するかどうか等は一切抜きで、
純粋にこの英文ツイートに基づいてお伝えしています。

次に、具体的にはどの部分に苦言が呈されたのか、順番に見ていきます。

苦言①:「I was worried」と過去形を使うのはおかしい

ツイート冒頭で”I was very worried about you”と過去形が使われていることに対して

出席議員は「今は心配していない、という意味に受け取られる」と指摘した。

こんな批判があったそうです。

これを読んだとき、まず
「文脈からしてそんな解釈する人いないでしょw」
と思いましたが、

それはさておき文法的な観点からも、
後ろに”when I read your tweet…”(=あなたのツイートを読んだとき)と過去形が来るので、
時制の一致のためにはむしろ「過去形がふさわしい」と私は思いました。

この指摘をした議員が誰だったのかは不明ですが、
本当に英語力のある人がする批判ではないと思います。。

苦言②:表現が不自然。自動翻訳ではないか?

たしかに、自動翻訳でもできそうな英文だとは思いました。

ただし、最近の自動(機械)翻訳の精度はかなり上がっているので、
自動翻訳=レベルが低い、という時代ではなくなってきています。
(特に短文であったり、専門的な内容ではない場合)

試しに、Google翻訳に例のツイートの日本語訳を入れてみました。

出来上がった英訳がこちらです↓

Dear President Trump,
I was worried when I saw the tweet that you and Mrs. Melania were infected with Corona, but I hope they will quickly overcome Corona and regain their daily lives.

2つの英文を比べてみると、私の感覚では

Google翻訳<<<菅総理ツイート

です。

Google翻訳も悪くはないし、これでも趣旨は伝わります。
ただ、「Dear President Trump」と言いつつ「They(彼ら) will quickly overcome…」といきなり他人事になっているし、
「regain their daily lives」も、何か違和感があります。

単純に文を接続している「が」を逆接の「が」と解釈してbutを使うのは、機械翻訳の典型なミスですね。

Google翻訳ではなく有料の機械翻訳(DeepLなど)を使っているのかもしれませんが、
いずれにせよ機械翻訳をそのままツイートしたわけではないと思います。

もし機械翻訳を使っていたとしても、人間による修正が加えられていると感じました。

苦言③:ちょっとくだけている

これは議員ではなく、外務省の役人の声らしいのですが。

正直、
「どこが?」
と思いました(^^;)

外務省職員ならかなり英語に堪能なはずですが、
その指摘はよくわかりません。

私が「格調高い英語」に疎いからかもしれませんが、
別にスラングを使っているわけでもないし、誰にでも通じるわかりやすい英語だと思います。

これがくだけてるなら、トランプ大統領のツイートはどうなるのでしょう(´・ω・`)

後半で紹介する各国首脳のツイートを見ても、使われているのは平易な英語ばかりです。

公文書なら話は別ですが、ツイートでは「日常英語」を使うことで問題ないかと思います。

一連の報道を見て思ったこと

一部の日本人は、
「難しい英語=カッコイイ・洗練されている」
という意識があるのかな?と思いました。

でも、日々英訳をネイティブに校正してもらっている経験から言えるのは、

シンプルでわかりやすい英語が最も歓迎される

ということ。

一文は短く。
難解な単語をむやみに使わない。
わかりやすい簡潔な文構造にする。

これが原則です。

ネイティブの英文メールを読んでいても、そんな「洗練された」「格調高い」英語を連発している人はいません。

中学で習う単語が、おそらく8割以上じゃないかな?と感じます。

英語はもっと身近で、気軽に使うもの。

カッコイイ英文もたしかにあるけど、
それは教養あるネイティブか、もの凄く努力した非ネイティブしかできないことです。

日本人同士でハードルを上げ続け、英語を使いづらい雰囲気になるのはもったいない(・∀・)

中学英語でまったく問題ないという認識が、もっと広まってほしいですね。

ちなみに、あのツイートは菅総理が書いたものではない可能性が高いと思います。
プロフィール欄に「事務所スタッフが運営しています」と書いてありましたし。。

菅総理が英語を話している動画がないか探しましたが見当たらず、
ご経歴を見ても特に英語にまつわる話題はなかったので、実際の英語力は未知数といえそうです。

仮にあの英文ツイートを自力で書ける英語力があるなら、きちんと英語を学ばれたのだと思います。

自分が思っているより簡単な英語が書けないものだし、
多くの人が思っているより簡単な英語で外国人に通用するものです。

各国首脳のトランプ大統領お見舞いツイート集

他の国のトップは、どんなお見舞いツイートをしていたのか気になったので、調べてみました!

みなさん、使う表現が似ていますね。
とても勉強になるので、ぜひみなさんも読んでみてください。

英国のジョンソン首相

My best wishes to President Trump and the First Lady. Hope they both have a speedy recovery from coronavirus.

2文目は、Hopeの前の主語(“I”)が省略されていますね。
会話はもちろん、SNSなどカジュアルな場面では、英語も主語が省略されることが多いようです。

カナダのトルドー首相

Sophie and I are sending our best wishes to @POTUS Trump and @FLOTUS. We hope you both get well soon and have a full recovery from this virus.

Sophieさんとは、もちろん奥様のこと。
ここに奥様のお名前を出すあたりもイケメンですね〜素敵!

オーストリアのクルツ首相

I wish a full & swift recovery to @realdonaldtrump & @FLOTUS.
#COVID19 is a worldwide pandemic which we all need to fight together.

お気づきの方もいると思いますが、メンションされているトランプ大統領のアカウントが先ほどと違います。

「@realdonaldtrump」は大統領就任前から使用している個人アカウント、
「@POTUS」はオバマ前大統領から引き継いだ米大統領としてのアカウントです。

POTUS = President of the United States (アメリカ大統領)
FLOTUS = First Lady of the United States (アメリカ大統領夫人)
どちらもアメリカの政界用語です。
どことなくカッコイイ。

インドのモディ首相

Wishing my friend @POTUS @realDonaldTrump and @FLOTUS a quick recovery and good health.

両アカウントにメンションしているあたり、仲の良さが伺えますね。
一方でお見舞いツイートをしていない首相もいますし、こういうところから日頃の関係も伝わってきて面白いです。

台湾の蔡総統

On behalf of the government & the people of Taiwan, wishing @POTUS & @FLOTUS
a swift recovery. Yes, we will get through this together.

トランプ氏のツイートに「Yes」と答えているところが力強いです。

この方の英語にはとても憧れます❀
台湾は、コロナ対策も賞賛されていましたね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

「日本人は日本人の英語に厳しい」とは薄々感じていましたが、本当でしたね。。

文法ミスのない英語
自然な英語
洗練された英語

どれも理想ではありますが、それは

文法ミスのある英語
不自然な英語
不細工な英語

を何度も書く
→修正してもらう
→復習する
のサイクルを繰り返すことでしか、たどり着けないもの。

私もまだまだ、道のりは遠いです。

菅総理の場合は一国の首相として…
というフィルターもかかっていると思いますが、

少なくとも一般人レベルでは、こういう揚げ足取りはもうナシにしたいですね。

楽しく英語を使っていきましょう✿