翻訳

未経験で在宅翻訳の仕事をゲットする方法【副業・フリーランス向け】

空いた時間に在宅翻訳で収入を得たい。翻訳の実務経験がなくても応募できる仕事はあるのかな?

コロナ禍で広まったテレワークという働き方。
得意な英語を生かして自宅で翻訳の仕事がしてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「未経験で在宅翻訳の仕事をゲットする方法」を徹底解説していきます。

将来的に自宅でフリーランス翻訳者として働きたい方、すきま時間を使って翻訳で副収入を得たい方はぜひ参考にしてください。

未経験で在宅翻訳の仕事をゲットする方法

未経験で在宅翻訳の仕事をゲットする方法は大きく分けて3つあります。

  1. 翻訳専門の求人サイトを利用する
  2. クラウドソーシングサイトに登録する
  3. 翻訳会社に直接応募する

それでは順番にみていきましょう。

①:翻訳専門の求人サイトを利用する

仕事を探すとき、多くの人がマイナビやdodaといった大手求人サイトを利用すると思います。
しかし、このような一般的な求人サイトに掲載されている仕事のほとんどが「正社員・契約社員・派遣社員」として働く時間が決められた契約形態のものとなっています。

また、こうした求人では出社が義務付けられていることが多いです。

えま
えま
「一部在宅OK」なら結構あるのですが、「完全在宅」はかなり少ない(ほぼゼロ)です。

そのため、副業やフリーランスとして翻訳の仕事がしたい場合は下記のような翻訳専門の求人サイトを利用することをおすすめします。

これらのサイトには「業務委託」という契約形態の求人が多くありますし、完全在宅でOKの仕事もたくさんありますよ。

翻訳者ディレクトリ

「翻訳者ディレクトリ」は無料で使える翻訳求人情報サイトです。
とにかく膨大な量の求人が掲載されていることが特徴で、「翻訳の求人ってこんな感じなんだな」という雰囲気をつかむためにも一度のぞいてみるとよいでしょう。

ただ情報があまり整理されておらず、すでに募集終了している求人も混ざっていることに注意が必要です。

また、企業側も無料で求人を掲載できるので、応募の際にはその企業がちゃんと信頼できそうなところか事前に調べておくことを強くおすすめします。

翻訳ディレクトリをみてみる >>

翻訳者ネットワーク 「アメリア」

翻訳者ネットワーク「アメリア」は30年以上の歴史をもつ国内最大の翻訳情報メディアです。

アメリアの主要サービスは翻訳者と利用企業のマッチング。
応募できる求人数は年間1,500件以上で、そのうち約3割は未経験でも応募可能です。

また、「クラウン会員」という資格を取得すると実務経験が必要な求人にも応募できるため、仕事獲得のチャンスが広がります。

入会金と年会費がかかりますが、翻訳の求人の見つけやすさでは断トツのサイトです。

翻訳者ネットワーク「アメリア」をみてみる >>

ProZ.com

ProZ.comは世界最大のフリーランス翻訳者コミュニティです。
登録ユーザーは100万人を超えるというから驚きですよね。

プロフィールの登録は無料ですが、サイトの言語が英語であること、クライアントが海外企業であること、一定の実績を求める企業が多いことから初心者向けではありません。

ただプロフィールから仕事のオファーが来ることもあるらしいので、海外と取引がしたい方は登録しておいてもいいかも。

ProZ.comをみてみる >>

日本翻訳連盟

日本翻訳連盟(JTF)は産業翻訳の業界団体です。 数は多くないものの、公式サイトに翻訳の求人情報が掲載されています。

ちなみにJTFでは「ほんやく検定」という試験を実施しており、2級以上に合格すると一部の翻訳会社でトライアルが免除になる等の特典があります。 将来的に専業フリーランスを視野に入れている方は、機会があれば挑戦してみるのもよいでしょう。

日本翻訳連盟の求人をみてみる >>

②クラウドソーシングサイトに登録する

副収入源として翻訳に興味がある方は、クラウドソーシングサイトに登録するのも選択肢のひとつです。

クラウドソーシングとは、企業などがインターネット上で不特定多数の人に業務を外注すること。群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語です。

一般的なクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトはたくさんありますが、以下では翻訳業務も多く発注されていて利用者の多い代表的なサイトを紹介しますね。

クラウドワークス

ユーザー数が480万人という国内最大級のクラウドソーシングサイトです。
なんといっても求人数が多いのが特徴で、「英語通訳・英文翻訳」のカテゴリだけで3,719件の仕事がヒットします(2022年12月11日現在)。

会員登録は無料なので、手軽に始めるにはよいでしょう。
ただし条件のよい案件には応募もたくさん集まるので、最初は小型案件で受注実績を積むなど何らかの工夫は必要だと思います。

クラウドワークスをみてみる >>

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同様、大規模なクラウドソーシングサイトです。
求人が多いぶんライバルも多いですが、最初は提案数の少ない案件を狙えば受注チャンスもあると思います。

ランサーズには4種類のランクがあり、プロフィール入力や本人確認などを完了すると「レギュラー」となり受注率が約17倍上がるそうです。 ランサーズに登録する場合はとりあえずレギュラーランクになっておくことをおすすめします。

ランサーズをみてみる >>

翻訳を専門(メイン)とするクラウドソーシングサイト

以下で紹介するのは翻訳を専門(メイン)とするクラウドソーシングサイトです。
上の2つと比べると案件数は減りますが、翻訳に特化しているだけあっていろんな種類の翻訳案件があるので初心者には取り組みやすいと思います。

Gengo

Gengoは国内最大級の翻訳プラットフォームです。
翻訳に特化したクラウドソーシングサイトとしては一番有名かと思います。

翻訳者として登録するには、テストを受けて合格する必要があります(受験は無料)。
また、登録時のテストに合格するとProレベルのテストを受けることができ、これに合格すれば案件の単価が高くなり、受注できる案件も多くなるのでぜひ挑戦しましょう。

以下で紹介するサイトも含め、空いている翻訳案件を「早い者勝ち」で取っていく形なので一般的なクラウドソーシングサイトよりも未経験の方が受注しやすいと思います。

Gengoをみてみる >>

トランスマート

トランスマートもオンライン上で翻訳案件を受注できるサイトです。
登録は無料ですが仕事を受注するには登録テストに合格する必要があります。

「またテストか…」と思われるかもしれませんが、トランスマートの登録テストは不合格になっても1時間経てば再受験できるのでそんなに心配いりません。

プロフィールを充実させることで指名発注を受けるチャンスもありますので、専門分野や得意分野があれば積極的に書いておきましょう。

トランスマートをみてみる >>

conyac

conyacは翻訳以外にもプログラミングやデザインなどの求人もあるサイトです。

登録時にテストはなく、誰でも仕事を受注することができます。 本人確認済みのフリーランサーだけが受注できる案件もあるので、できるだけ済ましておくとチャンスが広がりそうです。

「お仕事募集」ページでオファーを待つこともできるので、他の方の募集ページを参考にしつつ作成してみるのもよいでしょう。

conyacをみてみる >>

クラウドソーシングサイトの注意点

クラウドソーシングサイトは会員登録が無料なので一見ハードルが低いのですが、そのぶんライバルが多くて仕事の取り合いが激しい傾向があります。

「翻訳ってどんな仕事なのか、ちょっと試してみたい」という方が使ってみるにはよいと思うのですが、総じて報酬が少ない求人が多い(しかもそこから利用料が引かれる)のでちゃんと稼ぎたい人にはおすすめしません。

よって翻訳でまとまった金額を稼ごうとするなら、①で紹介した求人サイトで仕事を探すか、次に説明するとおり翻訳会社に直接応募することが圧倒的に近道だと思います。

③翻訳会社に直接応募する

3つめの方法は翻訳会社に直接応募することです。

多くの翻訳会社では【自社サイトからトライアル申込み→トライアル合格→翻訳者登録】という流れでフリーランス翻訳者を採用しています。

実務経験を必要とする会社が多いものの、なかには「応募分野の実務経験」や「相応の翻訳学習歴」があれば翻訳の実務経験はなくてもOKとする会社もあるようです。

個人的な印象ですが、実務経験よりもトライアルの結果(=翻訳者としての実力)が重視される傾向があるように思うので翻訳者として働いた経験がないからといって諦めてしまうのはもったいないです。

えま
えま
翻訳歴が長ければ良い翻訳ができるわけではないですからね。経験年数にかかわらず実力のある翻訳者はどの翻訳会社からも求められています。

翻訳会社の有名どころとしてはサンフレア、翻訳センター、サイマル・インターナショナルなどがあります。

こうした有名どころは大丈夫なはずですが、あまり知られていない翻訳会社と直接取引した際に報酬未払いトラブルがあったという話を聞いたことがあるので応募の際は事前によく調べておくことをおすすめします。

おわりに

今回は「未経験で在宅翻訳の仕事をゲットする方法」3つをご紹介しました。

業務委託であれば完全在宅の求人も多いですし、未経験でもスキルさえあれば仕事を始められますよ。

ある程度稼いでいきたい人→翻訳者ディレクトリやアメリア、各翻訳会社のサイト
お小遣い程度でOKという人→翻訳専門のクラウドソーシングサイト
がおすすめです。

英語を生かして自由な働き方や副収入を獲得していきましょう。