オンライン英会話

【新サービス】産経オンライン英会話Plusとは?講師や料金について解説

2020年8月3日から、産経オンライン英会話の新サービス産経オンライン英会話Plus
がスタートしました。

現行サービス「産経オンライン英会話」は引き続き提供されるため、
現会員はもちろん、新しく検討する方にとっても、どちらのほうがよいか迷うところだと思います。

<2020年10月10日追記>
現行サービス「産経オンライン英会話」は、2021年4月末をもって産経オンライン英会話Plusに一本化されると発表されました。
2021年5月以降は、この記事で紹介する新サービス「産経オンライン英会話Plus」のみが提供されることになります。

そこで今回は、

  • 新サービス「産経オンライン英会話Plus」はどんな内容なのか?
  • 旧サービス「産経オンライン英会話」との違いは?
  • 「Plus」がおすすめな人とは?

といった疑問についてまとめてみました!

【新サービス】産経オンライン英会話Plusとは?現行サービスと比較してみた

新サービス「産経オンライン英会話Plus」の特徴は、以下の4つです。

  1. ネイティブ講師・日本人講師も選べる
  2. コイン制
  3. 独自のシステム使用(スカイプ不要)
  4. 家族でコインを分け合える
  5. レッスン開始時刻の5分前まで予約可能

それでは、順番にみていきましょう。

特徴①:ネイティブ講師・日本人講師も選べる

現行サービスではフィリピン人講師のみですが、新サービスではフィリピン人講師に加えて「ネイティブ講師」「日本人講師」のレッスンも受けられるようになります。

特徴②:コイン制

新サービスでは、コイン制が導入されます。

1レッスンに必要なコイン枚数
  1. フィリピン人講師:20コイン
  2. ネイティブ講師:300コイン
  3. 日本人講師:300コイン

手持ちのコインを使って、レッスンを予約することになります。
現行サービスの月額制との違いとして、余ったコインを翌月まで持ち越すことができるのが特徴。

たとえば、現行サービスだとレッスンを受けなければその日の受講権利は消えてしまいます。

これに対して新サービスでは、レッスンを受けなければコインは減らず、翌月までの間に使える!というわけです。

「今月は忙しくてあまりレッスン受けられなかったな…」という場合、翌月にレッスンを多く受けられるのは嬉しいですね。

料金プランは大きく分けて2つです。

①基本プラン

プラン620620コイン発行:6,380円(税込)
1日1レッスン(25分)
プラン12401240コイン発行:12,100円(税込)
1日2レッスン(25分×2)
お試しプラン初月のみ100コイン発行:2,640円(税込)
2か月目以降620コイン発行:6,380円(税込)
1日1レッスン(25分)
※つまり、2か月目以降はプラン620と同じ

現行サービスでは、プラン620と同じく1日1レッスンの「毎日プラン」が6,090円(税込)。
プラン1240と同じく1日2レッスンの「毎日50分プラン」が9,981円(税込)。

<2021年4月30日追記>
旧サービスの「産経オンライン英会話」は4月末をもって新サービスの「産経オンライン英会話Plus」に一本化されます。

新サービスの基本プランでは、まとめて支払うことで長期割引が適用されます。

プラン620プラン1240
3ヶ月18,757円
(1ヶ⽉あたり6,252円)
35,574円
(1ヶ⽉あたり11,858円)
6ヶ月36,366円
(1ヶ⽉あたり6,061円)
68,970円
(1ヶ⽉あたり11,495円)
12か月68,904円
(1ヶ⽉あたり5,742円)
130,768円
(1ヶ⽉あたり10,897円)

②カスタマイズプラン

「コイン枚数」、「受講曜日」、「先行予約日数」、「1日の受講上限」、「同時予約数」をそれぞれ自由に組み合わせることができるプランです。

コイン枚数620 / 1200 / 1680 / 2480 / 6000枚
受講曜日毎日 / 月ー金
先行予約日数当日を含めて7日 / 28日
1日の受講上限1 / 2 / 4 / 12回
同時予約数1 / 2 / 4 / 8 / 16 / 60回

一日に3回以上、集中的にレッスンを受けたい場合に便利なプランですね。

※金額はカスタマイズ内容によって異なるので、産経オンライン英会話Plus公式サイトのシュミレーターで各項目を選択して確認します。

特徴③:独自のシステム使用(スカイプ不要)

現行サービスではスカイプが必要ですが、新サービスでは独自開発したシステムが使用されます。
これにより、ブラウザ上でマイページにログインするだけでレッスンが行えるようになりました。

また、テキストをレッスンルーム内で閲覧できるようになったので、従来のようにスカイプとPDFテキストを両方開く必要がなくなりました。

特徴④:家族でコインを分け合える

サブアカウントを発行することで、家族にコインを分けることができます。

自分がコインを使い切れなかったときは、家族にその余ったコインを付与できるという制度です。
または、最初から家族と半分ずつ分けて使うのもOK。

1人分の契約で2人レッスンができるので、家族がいる方はとてもお得に受講できますね。

特徴⑤:レッスン開始時刻の5分前まで予約可能

現行サービスでは30分前まででした。
急に時間ができたときなど、よりフレキシブルにレッスンが受けられますね。

新サービス「Plus」と現行サービス、どちらがおすすめ?

新しい「産経オンライン英会話Plus」と従来の「産経オンライン英会話」のどちらを選ぶかにあたっては、以下の点がポイントになります。

<2021年4月30日追記>
旧サービスの「産経オンライン英会話」は4月末をもって新サービスの「産経オンライン英会話Plus」に一本化されます。

ネイティブ講師や日本人講師のレッスンが受けたいか?

新旧サービスの1番の違いは、「ネイティブと日本人講師のレッスンが受けられるかどうか」だと感じました。

従来のサービスはフィリピン人講師のみなので、「ネイティブや日本人とも話したい!」という方は新サービスがよいでしょう。

毎日受講したいか?

とはいえ、他に考えるべき点もあります。

それは「毎日レッスンを受けたいか」。

例えば「プラン620」を選んだ場合、1か月に付与されるコインは620枚です。

ネイティブまたは日本人のレッスンを1回受けると、300枚を消費します。
残りは320枚となり、フィリピン人講師のレッスン16回分です。

ネイティブまたは日本人のレッスンを2回受けると、残りは20枚のみ。
フィリピン人講師のレッスンは1回しか受けられません。

なので、毎日レッスンを受けたいという方にはプラン620はおすすめできません。

・レッスンは2日に1回くらいの頻度がいい
・月に1回はネイティブor日本人のレッスンを受けたい

という方にはプラン620が合うかと思います。

フィリピン人講師のみでOKという場合は、従来サービスの「毎日25分プラン」のほうが割安です(ただしスカイプが必要)。

<2021年2月19日追記>
従来サービスの「産経オンライン英会話」は4月末をもって新サービス「Plus」に一本化されます。

・毎日1レッスンは受けたい
・ネイティブor日本人のレッスンも受けたい

という場合は、プラン1240なら両方叶えられます。

例えば、ネイティブと日本人のレッスンを各1回ずつ受けて、残りの640コインで32回フィリピン人のレッスンが受けられますね。

無料体験は「4回」受けられます。
レッスンの内訳はこちら
・フィリピン人講師×2回
・日本人orネイティブ講師×1回
・中国語会話×1回

英語だけだと「3回」ということになりますね。

一緒に受講したい家族がいるか?

たとえばお子さんや旦那さんなどご家族にも英会話をやりたい方がいれば、新サービスはお得です。

1日交代なら「プラン620」、お互いに毎日受けたいなら「プラン1240」ですね。

1人ずつ契約するよりも、経済的に受講できます♪

おわりに

今回は、産経オンライン英会話の新サービス「産経オンライン英会話Plus」のポイントをまとめてみました。

受講を検討されている方の参考になりましたら幸いです!

産経オンライン英会話Plusを詳しく見る