オンライン英会話

オンライン英会話初心者が撃沈したときの話と対応策

こんにちは!えまです。

今回はわたしが初めてオンライン英会話レッスンを受けたときの話をしようと思います。

結論から言うと『英会話初心者が準備ゼロでフリートークをすると撃沈するので注意!』です。

下記のどれかにあてはまる方は、わたしの失敗談をぜひ参考にしてください。

  • オンライン英会話を初めて受講しようとしている方
  • オンライン英会話に挑戦してみたけど「全然話せない…」と萎えている方
  • 自分にはオンライン英会話はまだ難しいかな?と悩んでいる方
  • 沈黙が怖くてオンライン英会話を始める勇気がでない方

オンライン英会話初心者が撃沈したときの話

初めてのオンライン英会話はあまり有名でないスクールで申し込んでみたのですが、
そこでわたしは英会話の洗礼を受けました。

レッスン25分のうち23分くらいは先生が喋っていたからです。

えま
えま
2人で喋ってるのに会話に入れないこともあるのか…と愕然としました。笑

どうしてこうなってしまったのか?

たしかに、先生の配慮も十分だったとは言えません。

ずっと一人で話し続けるので、
「会話の練習がしたくて申し込んだのに、意味ないじゃん」
「一方的に先生の話を聞かされるだけで、まったく楽しくない…」
と少しイライラしてしまいました。

でも、ひたすらリスニングする25分間になったのは先生だけのせいではありません。

むしろ自分の考えが甘かったと思います。

そこで、このような事態になった原因を分析してみました。

撃沈の原因①:フリートークを選択したこと

はっきり言って、これに尽きると思います。

英「会話」なんだから、フリートークでしょ!とよく考えずに選んだのですが、これが甘かった。

教材を選んでおけばこんなことにはならなかったな…と思います。

というのも、フリートークって日本語でもハードル高いんですよね。

初対面の人と25分間ふたりきりで会話…って、
そもそもコミュ障の私には無謀すぎました。

英会話初心者が先生と対等に話をするのは無理なので、どうしても先生の話を聞く時間が長くなってしまう。
これは時間がもったいないです。

えま
えま
リスニングじゃなくて会話練習がしたいのに…と思いながらレッスンが終了するのは悲しいですよね。

そこで後日、フリートークではなく教材を使ってレッスンを受けてみました。
すると会話例の音読から始まったのでその間に緊張がほぐれましたし、その後も話題に困ることがないので初めてのときより格段に楽しく話せました。

初心者がいきなり丸腰でフリートークに飛び込む必要はありません。

対応策①

英会話初心者は、躊躇せずに教材を使うべき!

撃沈の原因②:準備不足

もう一つの原因は、圧倒的な準備不足です。

最初はレッスンを申し込むことに精一杯で、レッスンが始まった後のことまで考えが及んでいませんでした。

英会話を「教えてもらう」というお客様意識で、先生がなんとかしてくれるだろうという甘えがあったんですね。

英会話レッスンは英語を「教わる場」ではなく「実践する場」だということを忘れていました。

フリートークを選んだのなら、しかも英会話に自信がないのなら、もっと事前に話す内容を準備しておくべきだったと反省です。

すべてを先生任せにしてしまうと、先生が適当に喋って終わりになってしまっても仕方ありません。

英会話レッスンでは、受け身の姿勢だと損をすると実感しました。

…とはいえ、初心者の段階でいきなり万全の準備をするのは大変ですよね。

わたしもそうでしたが、レッスンを受けることでいっぱいいっぱいなので、これ以上負担を増やしすぎると挫折してしまいます。

そこで必要なのが、やはり教材です。

  • 興味のある教材を選んで、大体の内容を把握しておく
  • 設問がある場合は、それに対する答えを軽く考えておく

このくらいの事前準備をやっておくと、それほど不安は感じずにレッスンに臨めるのではないでしょうか。

あまり時間をかける必要はなく、レッスン直前の10分くらいでよいと思います。

たった10分の予習でも、何の準備もしないときと比べてレッスンの充実度が全く変わりますよ。

対応策②

ほんの10分でも準備をしておくとレッスン効果が倍増する!

英会話の教材から学べることは意外と多いです

英語がある程度できる人は特に、

教材ってなんかレベル低そう

というイメージ、ありませんか?

わたしも「教材は子ども向けなんじゃないの?」という先入観がありました。

でも、教材を使ったレッスンを受けてみて
ガラッとイメージが変わりました。

教材を通じて簡単な英語で自分の気持ちや考えを伝える方法を学べることに気づいたからです。

日本の学校教育では、普段の生活に直結する英会話表現をあまり教えません。

難しい単語を覚えさせられ、難解な長文を読ませられる一方で、
「日常でよく使う表現を学び、練習し、実際に使う」という重要なプロセスが抜け落ちています。

会話の練習をしないまま中学を卒業し、
高校では膨大な英単語の暗記や複雑な文法の習得で受験対策。

英語を使えるようになるにはやさしい英語を瞬時に口から出す練習が不可欠なのに、多くの日本人はその機会がないまま大学を卒業してしまいます。

最近は4技能の向上を重視した英語教育改革が進んでいるようですが、
わたしたちの世代はもう自力でやるしかありません。

オンライン英会話で提供されている教材をまずは活用することで、
本来は中学時代にやっておくべきだった

  • 基礎レベルの単語と文法を使いこなす練習
  • 日常生活でよく使う表現のインプット

をすることができます。

これがある程度できた段階ではじめて、英語で中身のある会話ができる土台が整うのだと思います。

初心者はまずアプリで英会話に慣れるのもおすすめ

上記でお伝えした「基礎レベルの単語と文法を使いこなす練習」「日常生活でよく使う表現のインプット」ができるアプリとして、AIと英会話が学べる『スピークバディ』があります。

スピークバディの特徴
  • AIキャラクターが相手なので緊張せずに英語を話せる
  • 日常生活でよく使う表現のインプットができる
  • 発音をAIが細かく分析するので苦手な箇所だけ何度も練習できる
  • AIが自分専用カリキュラムを提案してくれる
  • 予約不要でいつでも好きな時に学習できる

やっぱりオンライン英会話だと先生に何度も同じ発音を直されて申し訳なくなったり、沈黙して気まずくなったり何かと気を遣ってしまうこともあると思います。
AIが相手だとそういった心配が一切ないので、これから英会話を上達させたい人はまずこのアプリから始めるのもいいかもしれません。

スピークバディのレッスンはストーリー形式で、それぞれのシーンにあったキーフレーズ(=会話の型)が学べます。
日常・ビジネス合わせて700個以上のレッスンがあり、初心者でもどんどん表現の幅を広げていけますよ。

ポイントは単なる例文の丸暗記ではなく、会話の型の空いている部分にパズルのように単語を入れ替えて文を作ること。

具体的には以下の流れで学習が進みます。

  1. キーフレーズをシチュエーションとセットで覚える
  2. バディとの会話を通じてキーフレーズを使えるようにする
  3. 繰り返し練習で正しい発音・正しい文法・流暢さを身につける

こうしてインプットとアウトプットを繰り返すことで、より相手に伝わる表現が瞬時に口から出てくる実践的なスピーキング力が身につきます。

えま
えま
インプットとアウトプットの繰り返しが大事とわかっていても、一人だと続けるのが難しいんですよね。。
その点、AIキャラクターと会話しながらであればゲーム感覚で楽しくできるのが大きなメリットだなと思います。

対人ストレス0かつ使い放題で月額1,983円(年額払い)は圧倒的コスパです。

実際にスピークバディを利用している人の口コミを調べてみました。

7日間の無料体験があるので、気になる方はぜひ試してみてください😊

iOSはこちらAndroidはこちら

まとめ:まずは教材を使って英会話に慣れることから

英会話初心者がいきなりフリートークをすると、わたしのように高確率で撃沈します。

なので、まずは以下の方針で挑戦するのがおすすめです。

  • 少し簡単に感じるくらいの教材を使う
  • 無理のない範囲で準備を行う
  • 英会話に慣れるまでは上達を焦らない

または、ノーストレス・低コストで英会話の土台を築けるスピークバディを試してみるのもよいと思います。

最初からうまく話せないのは当たり前なので、自分に合った方法を見つけて継続することが一番大切ですよね。お互い頑張っていきましょう!