英検1級

英検1級二次試験(面接)対策まとめ!参考書は1冊でOK

こんにちは、えまです。

今回は、英検1級二次試験(面接)に向けてわたしが行ったすべての対策をお伝えします。

  • これから英検1級の二次試験を受ける人
  • 将来英検1級を受けようと思っている人
  • スピーキングの練習方法を知りたい人

の参考になればうれしいです。

英検1級二次試験(面接)の概要

英検1級の二次試験(面接)の内容は、以下の2つです。

2分間のスピーチ
4分間の質疑応答

①:2分間のスピーチ

最初に5つのトピックが書かれたカードを渡されます。

1分間でトピックを1つ選び、スピーチの内容を考えた後、
2分間のスピーチを行います。

②:4分間の質疑応答

スピーチが終わると、面接官2人からスピーチの内容や選んだトピックに関する質問があるので、これに答えます。

試験時間は、入室後の簡単な会話も含めて約10分間です。

わたしが英検1級二次試験に向けて行った対策

以下では、わたしが二次試験の面接に向けてどのような準備をしたかを紹介します。

なお、わたしは一発合格ではありますが、合格ラインが602点のところ630点という、かなりギリギリの合格でした。

なので、高得点で合格したい!という方の参考にはならないかもしれませんが、

スピーキングが苦手でどうしようもないけど英検1級受かりたい。
どうしたらいい?

という数か月前のわたしと同じ状況の方には、何か参考になればと思っています。

対策①:英作文対策本を読み込む

面接では提示された5つのトピックから1つを選ぶのですが、
このトピックは一次試験の英作文の出題分野とほぼ重複しています。

英検協会が出している英検Can-doリストをみてみると、以下の記載があります。

話す:社会性の高い幅広い話題についてやりとりをすることができる
書く:社会性の高い話題についてまとまりのある文章を書くことができる

つまり、両方とも出題分野は「社会性の高い話題」で共通しているんですよね。

二次試験の過去問をみても、
英作文の問題と似ているものがけっこうあったので、

「このまま英作文のテキストを繰り返して、自分のものにすればいけるかも」

と思いました。

そこで、英作文対策として使用していたジャパンタイムズの英作文問題完全制覇を引き続き読み込むことにしました。

ペースとしては、1日に2分野くらい読んでいました。

プラスアルファで行った対策

面接が英作文と違うのは、内容を考える準備時間があまりないことです。

1分間でスピーチの内容を考えなくちゃいけないし、その後の質疑応答では質問されてすぐに答える必要があります。

そのため、あるお題をみたらパッと頭にアイデアが浮かぶようにしないとな…と思っていました。

そこで、上記に加えて

英作文問題完全制覇に掲載されているアイデア(この本では「コンテンツブロック」と呼ばれています)をノートにまとめる

という作業をしました。

解答例を読んでポイントとなりそうな箇所を抜き出し、要点まとめを作る感じです。

書くことによって、この本の膨大な内容が整理され、頭に入りやすくなります。

わたしの実際のノート↓

また、この作業をする際、自分の苦手分野については除外しました。

わたしは科学とか医療分野がまったくダメなのですが、
こういった分野のトピックを選んでしまうと
スピーチはなんとか乗り切れても、質疑応答で100%詰みます。

日本語で答えられないことを英語で答えられるわけがないので、
最初から苦手な理系分野は捨てることにしました。

英作文ではお題が1つしか提示されないので幅広く対策する必要がありますが、面接では5つの中から1つ選べばいいのでこういう戦略が成り立ちます。

いくらなんでも、5つのうちすべて理系分野からの出題ってことはないはずなので。
(英検ってよくできた試験だなあと思いますよね。)

二次試験は、社会性の高い話題の中から自分の得意分野に絞って「狭く深く」準備をする。

これが効率のよい対策だと思います。

対策②:オンライン英会話で会話練習

二次試験前の1か月間、オンライン英会話でレッスンを受けていました。

本来ならば面接の模擬練習をしてもらうべきなのですが、
わたしは2分間スピーチができるレベルではありませんでした。

そこで、

  1. 過去問から1〜3つくらいトピックを選んでおく
  2. レッスン前に「今日はこのトピックについてディスカションしたい」と講師に連絡する
  3. 選んだトピックについて、自分の意見をぼんやり考えておく
  4. レッスンで、トピックに関する会話をする(最初にできる限りで自分の意見を言って、先生はどう思いますか?と話しを振る)

という流れでレッスンを受けていました。

可能なら④のところで「2分間スピーチをするから聞いてください。その後に質問してください」とお願いするとより実践的です。

えま
えま
わたしはスピーチができなくて、初めて2分間スピーチに挑戦したのが試験前日という危機的状況でした…。

ちなみに、先生へのレッスン前のリクエストはこんな感じで送ってました。

I would like to discuss the question “[過去問から選んだトピック]” in tomorrow’s lesson. I look forward to meeting you!

先生の意見にも使えそうな表現があったらメモしておくようにしていました。
(聞き逃すこともあるので、録音しておくとよいです。)

面接は一人で練習することも大切なのですが、
当日は面接官(日本人1人とネイティブ1人)と会話をすることになります。

独り言と会話はやはり別物なので、
当日緊張して固まってしまう…ということのないように
英語での会話にある程度は慣れておくことが大事だと思います。

えま
えま
わたしはレアジョブを利用しました。事前に講師にメッセージを送れるスクールを選ぶようにしましょう。

対策③:新聞で気になった記事をスクラップ

最後の対策は「新聞を読んで面接のネタになりそうと思った記事のスクラップ(切り抜き)」です。

わたしはスピーキング力が低いことにも苦労したのですが、それ以前に英検で出題されるようなトピックに対してなんの知識も考えもないことが悩みの種でした。

スピーチのネタはジャパンタイムズ本で調達できるのですが、これだけでは質疑応答できちんと答えられるかやや不安が残ります。

そこでたどり着いたのが、新聞でした。

新聞は面接ネタの宝庫です。

面接対策として初めて新聞を隅から隅まで読んでみたのですが、

英検で扱われている問題って、こんなに新聞に載ってるんだ!

と感心しました(いまさらですが…)。

「試験英語は実生活とは別物だから、いくら試験対策をしても実際に英語を使えるようにはならない」とも言われますが、

少なくとも英検は、今まさに1人ひとりが考えて社会全体で議論していくべき問題、つまり現代を生きる上で重要なトピックを取り上げています。

そして、
重要な社会問題を広く浅く学ぶのに最適なツールが新聞です。

わたしは、面接本番の質疑応答で絶体絶命のピンチに陥ったのですが、
たまたま読んでいたある小さな新聞記事のおかげで、なんとかその場を切り抜けることができました。

その記事を読んでいなければ、わたしは不合格だったかもしれません。

普段は新聞を読まない方も、面接の直前1ヶ月だけでも購読する価値はあると思います。

英検が求めているのは、スピーチの丸暗記ではなく自分の意見を自分の言葉で伝える力をつけること

だからこそ最近は、定番のトピックにひとひねり加えた(=丸暗記では対応しきれない)出題が増えているように感じます。

わたしの発信力はまだまだですが、「社会で今起きていることに目を向け、自分の頭で考え、アウトプットすることの大切さ」に気づけただけでも、英検1級を受けてよかったと思っています。

まとめ

英検二次試験のために行った対策は、このページで紹介したものがすべてです。

  1. 「英作文問題完全制覇」の読み込みと要点まとめ
  2. オンライン英会話で会話練習
  3. 新聞でネタ集め

一次試験が終わってから約1ヶ月ありますので、
この時点で「面接どうしよう…」という人も準備次第で十分合格圏内に持っていけますよ。

一次試験に合格する人は、スピーキングの基礎は身についているはずなので、
あとは実践あるのみです。

面接の留意点はこちらの記事にまとめました。

英検面接(二次試験)合格のコツと緊張への対処法こんにちは、えまです。 今回は、私が考える英検面接合格のコツをお伝えします。 私は2012年に準1級、2019年に1級にそれ...

実際の面接の様子はこちらの記事に書いています。

【失敗も語る】英検1級2次試験(面接)体験記【2019年第1回合格】こんにちは、えまです。 先日、無事に英検1級に合格しました。 二次試験の面接が終わってすぐにブログに書こうと思っていたのです...