英検1級

英検面接(二次試験)合格のコツと緊張への対処法

こんにちは、えまです。

今回は、私が考える英検面接合格のコツをお伝えします。

私は2012年に準1級、2019年に1級にそれぞれ合格しました。

準1級を受けたのは結構前になりますが、気を付けるべきポイントは今も昔もあまり変わらないように思いました。

また、かなりのあがり症である私が実践した緊張への対処法も紹介します。

二次試験に臨む心構えはこの記事を読んで頂ければバッチリです!

英検面接合格の5つのコツ

私が考える英検面接(受験経験のある準1級と1級を想定)のコツは、次の5つです。

  1. 大きな声ではっきりと話すこと
  2. 『簡単な日常会話』を軽視しないこと
  3. 面接官とアイコンタクトをとること
  4. とにかく喋り続けること
  5. 聞き返し・時間稼ぎに使える表現を覚えておくこと

順番にみていきましょう。

コツ①:大きな声ではっきりと話すこと

そんなこと当たり前でしょ・・・

と思われたかもしれません。

しかし!

試験本番になるとこの当たり前のことが難しくなるものです。

「大きな声ではっきりと話す」

これは合格の大前提といっても過言ではありません。

何を言っているか理解してもらえなければ、面接官も採点のしようがないからですね。

とはいえ、過度の心配は無用です。

「大きな声ではっきりと話す!」
試験前にしっかり意識しておくだけで、この関門はクリアできますよ。

意識しておくか、何も考えずにやるかでは大違いということです。

英検面接に臨む人に1つだけアドバイスを!
と言われたら迷わずこれを挙げるくらい重要なポイントです。

基本中の基本ではありますが、とても大切なのでぜひ覚えておいてください。

コツ②:『簡単な日常会話』を軽視しないこと

準1級と1級の面接では、まず初めに面接官と『簡単な日常会話』をします。

このときの会話は、直接的には採点の対象とはされていません。

ただ、これは面接官があなたの英語を初めて聞く瞬間です。
つまりあなたの第一印象がこの『簡単な日常会話』で決まるのですね。

言うまでもなく、コミュニケ―ションにおいて第一印象は超重要。

「あ、この子は結構喋れそうだな」
と面接官に思ってもらえれば合格する空気感を作ることができます。

そのあとの内容が大事であることは確かなのですが、
面接冒頭の短い会話が面接における「有利・不利」を決める!くらいの心構えでいたほうが良いです。

何よりも、日常会話がスムーズに終われば「イケる!!」と自分が流れに乗れます。

逆に、最初でつまづくと
「げ、いきなりやっちまった→動揺→気がついたら面接終了」
という最悪のシナリオも浮かんできます。

何事も好スタートを切るに越したことはありません。

じゃあ具体的に何をやればいいの?

ということですが、想定質問に対する答えを用意しておけばOKです。

日常会話の想定質問テーマ
  • 仕事
  • 趣味(休日の過ごし方)
  • 住んでいる場所
  • 会場までどのように来たか
  • 海外経験

ざっくりとTell me about yourself.と言われることもありますが、
その場合は仕事や趣味のことを話せば大丈夫です。

そこまで時間を掛けなくていいので、どんなことを答えようか考えておくと落ち着いてナレーションやスピーチに入れます。
必ず準備しておきましょう。

コツ③:面接官とアイコンタクトをとること

通常の面接と同じで、英検でも面接官とのアイコンタクトは大切です。

準1級はattitude(積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度)が採点項目に入っているので当然ですが、1級でも大事なポイントであることに変わりありません。

目を合わせないとやっぱり印象よくないですし、自信がないイメージを与えてしまいます。

英検が録音テストではなくコストのかかる「面接」方式を今も続けるのは、
受験生の「積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度」を評価するためだと私は思っています。

これは、外国人と英語で渡り合うためにどうしても外せない条件だからですね。

自分の意見を面接官に理解してもらうんだという気持ちが伝わるようなアイコンタクトや姿勢を心がけてみて下さい。

英語が多少つたなくても「一生懸命さ」が伝わればわりと大目に見てくれますし、
さりげなく助け舟を出してくれるのが英検面接官です。

もしかしたら中には圧迫系面接官もいるのかもしれませんが、
私の経験ではそういうタイプの人はいませんでした。

えま
えま
順番待ちのときに面接室から笑い声が聞こえてくるくらい和やかな雰囲気で進んでいましたよ^^

とにかくアイコンタクトを忘れずに。
下を向いてモゴモゴ話さないこと。

これも基本的なことですが、きっちり押さえておきましょう。

コツ④:とにかく喋り続けること

英検の面接で最もやってはいけないことは沈黙です。

面接では、3秒以上黙らないように注意してみてください。

はっきり言って内容は二の次です。
とにかくなにか喋って場をもたせることが大切です。

さっきの空気感の話とも共通しますが、
面接室に気まずい沈黙が流れることで

「あ、不合格だな」

という空気ができてしまう恐れがあります。

スポーツの試合でもよく
「日本に流れが来てますね~!」とか
「今の時間帯、ちょっと流れが悪いですね。」
とか言われますよね。

やっぱり
「押せ押せムード」
があるとなんとなく上手くいくし、

「あぁ、だめだ・・・」
となるとどうしても苦しくなるものです。

心の中では「もう無理もう無理・・・」と思っていたとしても、
顔にはけっして出さずに、自信があるふりをして堂々と話し続けるのがコツです。

わたしも、前日までまともに2分間スピーチができなくて絶体絶命だったんですが
本番は「意地でもしゃべり続ける」と気合を入れていきました。

沈黙=不合格くらいの覚悟で面接室に入りましょう。

英検1級ではスピーチが微妙な出来でも、質疑応答で挽回のチャンスがあります。
でも、黙ってしまうと面接官も低い点をつけるしかなくなってしまいます。

事前に鏡の前で練習したり、オンライン英会話などで人前で話す経験を積むことは当然重要です。

ただ、私のように万全とは言えない状態であったとしても、
当日の気合と集中でいくらかカバーできます。

最後まで諦めず、たどたどしくても話し続ければ、合格はすぐそこです。

コツ⑤:聞き返し・時間稼ぎに使える表現を覚えておくこと

「沈黙せずに話し続ける」と言っても、よどみなくスラスラ話すのはよほどの上級者でない限り難しいですし、その必要もありません。

質疑応答パートでは、面接官の質問がよく聞き取れなかったという場合がよくあります。

質問の意味がわからないのに、答えることはできませんよね。

なので、そういうときはためらわずに聞き返しましょう

英検協会HPに以下の記載があります。

質問が聞き取れなかった場合など、自然な流れの中で行われた「聞き返し」なら、減点の対象にはなりません。ただし、不自然に行われたり、くり返し聞き返したりした場合は、減点の対象になります。また、質問に対して答えている途中で、口ごもるなどして応答が滞る場合には、次の質問に進むことがあります。

何て聞き返せばいい?と考えて沈黙しては元も子もないので、事前に「聞き返しフレーズ」を2~3つ用意しておくとよいです。

(例)
Sorry, could you repeat your question?
Could you say that again?
(一応聞き取れたが自信がないとき)You mean…? / Did you say…?

また、質問は聞き取れたけど何と答えたらいいか迷うときもあります。

そんなときのために、「時間稼ぎフレーズ」もいくつか準備しておきましょう。
(You mean…?/Did you say…?で相手の質問を繰り返して時間を稼ぐのもアリです。)

(例)
Well, that’s a good/interesting/difficult question.
Let me see/think. Well, …
Um…(本気で迷ったらこれだけでいいので声を発しつつ、全力で言葉を探しましょう)

うまく説明できなくて補足したり、言い換えたりするときはI mean,…でつなげばOKです。

英検面接における緊張への対処法

英検面接で緊張しない方法はない!

まず最初にお伝えしておきたいのは、

英検面接で緊張しない人はほぼいない

ということです。

そもそも「面接」自体、どうしたって緊張するものですよね。
しかも、英検では英語で話さなければならないというプレッシャーが加わります。

緊張するなというほうが無理!という話。
むしろ、適度の緊張があったほうが集中力が増すものです。

「緊張してるなぁ。でも大丈夫」
と緊張している自分を受け入れて、きっとできると言い聞かせましょう。

そのうえで、わたしがおすすめする対処法は以下の3つです。

  1. 面接官を敵ではなく「味方」と捉える
  2. 待ち時間にやることを予め決めておく
  3. 面接で成功している姿をイメージする

対処法①:面接官を敵ではなく「味方」と捉える

先ほどもお伝えしましたが、私が出会った英検面接官には

「よーし、バンバン落としてやるぞ!(^◇^)イヒヒ」

といった方はいませんでした。

単に運がよかっただけでは?と思われるかもしれませんが、
英検2次試験の合格率が比較的高そうなことからも証明されていると言えるでしょう。

こちらが必死で言葉をつないでいると、面接官もうなづいてくれたり、親身になって耳を傾けてくれました。

しつこいようですが、「黙り込む」以外であれば多少の失敗はむしろフォローしてくれますよ。

面接で試されているのは、要は
「あなたは英語でコミュニケーションが取れますか?」
ということです。

立派な意見でなくていいんです。

求められているのは、
あなたの等身大の考えを、堂々と伝えること。

これだけです。

積極的にコミュニケーションをとろうと頑張っている受験生を、冷たい目で見る面接官はいません。

わたしも自分の英語力がまだ足りないことは百も承知でしたが、

「できないなりに一生懸命やることが、面接官への礼儀だ」

と思い、必死で英語をひねり出しました。

  • 面接官は味方であると信頼し、心を開くこと
  • 時には身振り手振りも加えて、「伝えたい!」という気持ちを表に出すこと

この2つが大切です。

面接官も1人の人間。

自分が心を開けば相手も開いてくれますし、
面接の雰囲気も自然と明るく和やかになります。

そうすると喋りやすい空気になり、実力以上の力さえ引き出されるかもしれません。

対処法②:待ち時間にやることを予め決めておく

面接の8~10分に全エネルギーを注ぐため、試験会場に入ったらできるだけ余計なことは考えないようにしましょう。

前もって「待合室ではコレをやる」と決めておくことで、
そわそわする暇なく自分のことに集中できます。

待ち時間は、面接の参考書か自作ノートを読んでいる人がほとんどです。

自由に好きなことをして過ごせばいいと思いますが、自作ノートを読むのはオススメですよ。

人によるのかもしれませんが、私は印刷された文字よりも自分が書いた文字の方が頭に入りやすいんですよね。

まぁ会場では緊張しすぎてどっちみち頭に入ってこないのですが(笑)、
「これだけ頑張ってきたんだし..!」というちょっとした自信にもなりました。

気を抜いてぼーっとしてると余計に緊張してくるため、
ひたすらノートを眺めて気を紛らわせましょう。

対処法③:面接で成功している姿をイメージする

スポーツ選手はよくイメージトレーニングをしていると聞きますよね。

人間には思い描いたことを引き寄せる力があると言われており、
イメトレの効果はスポーツ以外にも当てはまります。

なので、夜寝る前や会場への移動中に

「面接官を前に、堂々と英語を話している自分」

を繰り返しイメージしておくことをおすすめします。

実際に話す練習をしたり、参考書を読んだりといった準備はもちろん大事ですが、

そうした合間にイメトレを取り入れれば
『私は絶対合格できる!』
という自信が深まると思います。

面接直前はそれでも緊張するかもしれませんが、
心のどこかにそうした自信があれば、いざという時に粘れます。

私が英検面接を受けた経験から言えるのは、
合否を分けるものは英語力より「伝えることを諦めない気持ち」だということです。

英語が出てこなくても諦めずに、何か言えるか言えないか。

このほんの少しの差が、結果を大きく左右すると感じました。

「自分にはできる!」と脳に思い込ませて潜在能力をフルに引き出しましょう。

おわりに

英検面接は「落とすための試験」ではありません。

1つや2つミスがあろうと、
面接官と英語でコミュニケーションが取れていると判断されれば合格する試験です。

できる限りの準備をして、
当日はどんなことがあっても思い切って楽しんできてください。

面接は英語のプロと話ができる貴重な機会でもありますからね。

難関の一次試験を突破して辿りついた場所ですから、
堂々と自信をもって英語を話せば結果はついてきます。

わたしの英検1級二次試験対策はこちらの記事にまとめています。

英検1級二次試験(面接)対策まとめ!参考書は1冊でOKこんにちは、えまです。 今回は、英検1級二次試験(面接)に向けてわたしが行ったすべての対策をお伝えします。 これから英検...