英語学習法

英語学習に最適なイヤホンの選び方【おすすめ愛用品も紹介】

英語学習に欠かせない重要アイテムが「イヤホン(またはヘッドホン)」です。

毎日のように使うものだから慎重に選びたい…
だけどどんなものが良いかわからない…

とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

わたしもこれまで色んなイヤホンやヘッドホンを試してきましたが、大成功だったと思うものもあれば正直失敗したなという買い物もあります。

そこで今回は、英語学習に最適なイヤホンの選び方とわたしが愛用中のおすすめイヤホンをご紹介します。

イヤホン選びで迷われている方はぜひ参考にしてください。

英語学習に最適なイヤホンの選び方

英語学習に使用するイヤホンを選ぶポイントは以下の3つです。

  1. Bluetooth接続である
  2. 連続再生時間が長い
  3. 軽量で持ち運びやすい

選び方①:Bluetooth接続である

これからイヤホンを買う方は絶対に有線イヤホンではなくBluetoothイヤホンを選びましょう!

有線だと常にスマホを持ち運ぶ必要があり面倒ですし、コードが絡まったり引っ掛かったりします。

Bluetooth接続であればコードがないのでとても快適。
スマホをテーブルに置いたまま料理や掃除をしながら英語を聞けるので、スキマ時間が圧倒的に活用しやすくなりますよ。

選び方②:連続再生時間が長い

多忙でなかなか机に座って勉強する時間がとれない方でも、耳が空いている時間は意外とあるもの。
例えば通勤やお出掛け時にすかさずイヤホンを耳につければ、1日に1~2時間は英語を聞けるのではないでしょうか。

しかし外出中にバッテリーが切れて聞けなくなってしまったら一気にテンション下がりますよね。

こうしたショックな事態を防ぐため、イヤホンは十分な連続再生時間があるものを選びましょう。

普段の外出時間にもよりますが、7~8時間くらいあると安心だと思います。

選び方③:軽量で持ち運びやすいもの

できるだけたくさん英語を聞くには、長時間つけていても疲れにくい軽量のイヤホンがおすすめです。

また、出掛けるときに荷物にならないよう持ち運びやすいコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。

以上3つのポイントに加え、人によっては以下の2点もチェックしてみてください。

  1. 【物を失くしやすい人】完全ワイヤレスは避ける
  2. 【イヤホンで耳がかゆくなる人】耳の穴をふさぐタイプは避ける

【物を失くしやすい人】完全ワイヤレスは避ける

一口にイヤホンといっても、たくさん種類がありますよね。

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンがコードなどでつながっておらず、完全に独立したBluetoothイヤホンをいいます。

こういうのです↓

首回りに何もないのでとても快適だし、運動しながらでも使いやすいというメリットもあります。

しかし、とても小さいので失くしやすいのがデメリット。
気づいたら片方だけ落としてたときの絶望感を想像するとつらいものがあります。

普段から物をよく失くしがちかも…という方は、左右一体型のBluetoothイヤホンがおすすめです。

こういうのです↓

【イヤホンで耳がかゆくなる人】耳の穴をふさぐタイプは避ける

イヤホンを長時間つけっぱなしにしていると、耳がかゆくなったり痛くなったりする方もいると思います。

その場合、耳の穴をふさぐカナル型などは避けたほうが無難です。

耳の穴に入れるタイプのイヤホンが苦手な方は、オープンイヤー型や骨伝導型を選びましょう。

えま
えま
周囲の音が入りやすいデメリットもありますが、耳の健康が一番大事ですからね…!

オープンイヤー型イヤホン

耳に引っ掛けるタイプのイヤホンです。
耳の穴をふさがないので違和感なく装着しやすいのが特徴。

骨伝導型

通常のイヤホンは鼓膜を振動させますが、骨伝導型イヤホンは耳周辺の骨を振動させて聴覚神経に音を伝えます。

わたしが愛用しているイヤホン

ここからはわたしが普段愛用しているイヤホンをご紹介します!

とくに以下の特徴にあてはまる方におすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。
・耳の穴をふさぐイヤホンが苦手な方
・長時間使い続けても疲れないイヤホンをお探しの方

【愛用品】Shokz(旧AfterShokz)の骨伝導イヤホン

わたしは普通のイヤホンを使うと耳が猛烈にかゆくなる体質なので、ずっとヘッドホンを使ってきました。

しかしヘッドホンは重いので、長時間つけていると首や肩が凝るのが悩みでした。

そんな中、ある日姉が「最近、骨伝導イヤホンしながらランニングしてるんだけどめっちゃいいよ!!」と教えてくれたのです。

耳の穴に入れないのにちゃんと音が聞こえるの?
骨を振動させるって大丈夫?体への悪影響はないの?

など、初めて聞いた「骨伝導イヤホン」というワードに疑問や不安を感じたものの、姉の体験談やネット上の情報を調べるうちに「安全性は大丈夫そうだし、便利そう!」という結論に至りました。

そこでAmazonレビューやYouTubeのレビュー動画、ブログ記事などを徹底的にリサーチして選んだのがAfterShokz(現Shokz)のAeropexです。

一番評判が良かったのがこれだったのですが、決して安くない買い物なので実際に使ってみるまでは心配でした。

しかし使ってみて「なんだこれは!!」と感動。

耳の横に当ててるだけなのにバッチリ音が聞こえるし、いつの間にか付けてるのを忘れるくらい快適なんです。

一番心配していた「イヤホン×眼鏡×マスクの干渉問題」も大丈夫でした🙆

この骨伝導イヤホンを購入して以来、家の中でも外でも愛用しておりもはや手放せません。

わたしにとっては人生で買ってよかったものベスト3に入る逸品です。

ただし、カナル型など耳の穴をふさぐタイプに比べると骨伝導型は周りの音が入りやすく(これが骨伝導型のメリットでもある)、音漏れしやすいデメリットもあります。

なので電車内など騒音が大きい場所では使いづらく感じるかもしれません。

えま
えま
安い骨伝導イヤホンだと音漏れしやすいようですが、これは正直そんなに気になりません。
ただ、念のため電車内ではいったん再生して音が漏れてないことを確認してから使用するようにしています。

わたしが使っているのはAeropexですが、後継モデルが登場したのでこれから購入する方はこちらを検討されることをおすすめします。

後継モデルであるOpenRunは、Aeropexに急速充電機能を追加したものだそうです。
Aeropexと同じく26gと軽量で、防水機能つき。
…なのに少し値段が安くなっています(*‘∀‘)

OpenRunは30日間返品無料だそうなので、気になる方は試してみてください♪

おわりに

今回は英語学習に最適なイヤホンの選び方とわたしの愛用品をご紹介しました。

  1. Bluetooth接続である
  2. 連続再生時間が長い
  3. 軽量で持ち運びやすい

英語学習が楽しくなるような、愛着が持てるイヤホンを選ぶことも大切です。

お気に入りのイヤホンで英語を聞いて、リスニング力を爆上げしていきましょう😊