英語学習法

ポッドキャストの英語ニュースおすすめ7選【聞き流し多聴に最適】

こんにちは、えまです。

英語学習におすすめのポッドキャスト、何かないかなぁ?

今回は、こんな疑問のお持ちの方に向けて、私が普段聞いているおすすめポッドキャスト(Podcast)を紹介します!

ポッドキャストとは?

ポッドキャストは、インターネットを通じて配信された音声や動画を無料で楽しめるサービスです。

ニュース、教育、文化、スポーツ、テクノロジー、健康、歴史、アートなど、ありとあらゆる分野のコンテンツが揃っています。

これだけの質の高い情報が無料で手に入る・・というだけでも素晴らしいのですが、
なんとダウンロードも可能なので(もちろん無料)、ネット環境がなくても何度でも視聴することができます!

いろんな分野の”生の”英語が好きなだけたくさん聴けるので、本当に便利です。

iPhoneやiPad等をお持ちの方は、元からアプリが入っているので探してみてください。
↓これです

ポッドキャストの英語ニュースおすすめ7選

おすすめの英語ニュースは、以下の7つです。

  1. English News – NHK WORLD Japan
  2. ABC World News Tonight
  3. CBS Evening News
  4. NBC Nightly News
  5. CNN 10
  6. WSJ What’s News
  7. Global News Podcast (BBC)

まずはこれ!:NHK WORLD Japan


NHKのラジオ国際放送「NHKワールド ラジオ日本」です。

アンカーは日本人(帰国子女)なので、英語圏のニュースと比べると聞き取りやすく、スピードも早くありません。
国内ニュースに加え、海外の主要ニュースがコンパクトにまとめられており、世界情勢を15分(土日は10分)でざっと掴めます。

そのため、「最初に聴く英語ニュース」としておすすめです。

私もまずはNHKワールドだけを1週間ほど聴き続けてから、以下のポッドキャストに挑戦しました。

写真は山本美希アナウンサー。今年50歳と知ったときは衝撃でした・・!

アメリカ3大テレビ局:ABC、CBS、NBC

次に押さえておきたいのは「アメリカ3大テレビネットワーク」と呼ばれるABC、CBS、NBCです。
すべて1エピソードにつき約20分です。

1. ABC World News Tonight

正式名称は「American Broadcasting Company」。
あのウォルト・ディズニー・カンパニー傘下なのだそうです。

世界最大の収入額をもつ放送局であり、
日本でも人気なドラマ「デスパレートな妻たち」を製作したのもABC。

個人的には3つの中で最も聞きやすいので、お気に入りのポッドキャストです。

平日版のアンカーを務めるデヴィッド・ミュアーは、2017年にトランプ大統領との単独インタビューでも賞賛を集めるなど、高く評価されています。同じ時間帯に放送されるニュースでは、視聴率でトップに立っています。


イケメン!笑

2. CBS Evening News


大きな瞳のロゴが印象的なCBS。
19年のデータによると総視聴者数でトップを誇り、メディア信用度に関するアンケート調査でもトップの支持を得ています。
(ただし、夜のニュースではABC、NBC両局の視聴者数に続く3位となっています。)

3大テレビ局のうち、平日版では唯一女性(ノラ・オドネル)がアンカーを務めています。

美しい、、

3. NBC Nightly News


正式名称は「National Broadcasting Company」。
アメリカで最も長い歴史をもつネットワーク局です。
88年ソウル大会以降、全米のオリンピックの放映権を独占しています。
IOCに莫大な放映料を支払っていることから、オリンピックに強い影響力を及ぼすテレビ局としても有名ですね。

平日版のアンカーを務めるレスリー・ホルトは、私生活ではすでに孫をもつおじいちゃん。
ちなみに、息子さんも同じくニュースキャスターです。

ダンディですね!

他にも聞いてみたい方へ:CNN、WSJ

以上の4つだけでも基本的に十分だと思いますが、もっといろんなニュースに興味がある方向けに紹介します。

CNN 10


日本では、3大ネットワーク局よりも有名なCNN(こちらはケーブルテレビ)も、ポッドキャストで視聴できます。

元々「CNN Student News」という番組名だったことからも伺えるとおり、ニュースそのものというよりニュースの背景だったり、社会の動きや人々の生活に焦点をあてる内容になっています。
そういう意味で、今回紹介している他のニュース番組とは少し趣が異なる印象です。
(NHK教育テレビのニュース、という感じがします。)

1エピソードにつき10分と短めであり、動画付きなので取り組みやすいですが、放送休止期間があることに注意が必要です。

WSJ What’s News


ウォール・ストリート・ジャーナルといえばビジネスマン向けの新聞紙というイメージが強いと思いますが、音声や動画でのコンテンツも配信しています。

ポッドキャストもいろんな種類があって、テクノロジーや金融に特化したものもありますが、今回はオーソドックスなものを挙げました。
平日に1日2回更新されます。

アンカーの英語はけっこう聞き取りやすい印象ですが、途中でインタビュー音声が入ることが多いです。

長さは、1エピソードにつき10〜15分程度です。

イギリス英語なら:Global News Podcast (BBC)


最後に、イギリス英語好きな方にはやはりBBCですね。

正式名称は「British Broadcasting Corporation」。
イギリスの公共放送局です(日本でいうNHKに相当します)。

平日は1日2回、土日は1日1回更新されます。
1エピソードが約30分なので少し長めで、1つのニュースを深堀りしています。

ポッドキャストの英語ニュースをおすすめする理由

ポッドキャストには英語学習に役立つ番組がたくさんありますが、その中でとくに「英語ニュース」をおすすめする理由は以下のとおりです。

ポッドキャストの英語ニュースをおすすめする理由
  1. 時事英語に親しむことができる
  2. 海外(英米)の最新情報を入手できる
  3. 毎日新しいエピソードが配信される
  4. ちょうどよい長さ(だいたい15〜20分程度)

1番大きなメリットは、時事英語に触れられることです。

「現在進行形で起きている出来事が、英語でどう表現されているのか」
これを教材で学ぶのは難しいですよね。

英会話においても、国内外の主要ニュースを知っていることは大切だなぁとよく感じます。
それに、毎日聞いていると繰り返し使われる単語や表現はだんだん覚えてしまうので「生きた英語」を学ぶことにもなりますね。

また、ポッドキャストによって海外(特にアメリカ)の最新ニュースをいち早く手に入れることができます。

日本のニュース番組で扱う話題は国内関連のものが中心ですし、
結局は日本のメディアによる翻訳や(都合のよい)解釈が間に入ったものですよね。

日本人だけの狭い視点にとどまるのではなく、
国外ではなにが起きているのか?それをどう伝えているのか?というより広い視点を持つには「英語ニュース」がとても良いツールです。

今回のCOVID-19で、日本語だけでなく海外の情報を自らとってくることの大切さを痛感した方も多いのではないでしょうか。
私自身、日本語しか情報源がないことがどれほど危険なことかを知り、英語力を上げたいとより一層思うようになりました。

また、ほとんどのニュース番組は毎日配信されますし、1エピソードにつき15〜20分程度とほどよい長さです。
このため、他のポッドキャストより習慣化しやすいのもおすすめの理由です。

ポッドキャストの英語ニュースがおすすめなレベル

基本的に、英語ニュースは「中級以上」の方におすすめです。

中級ってどのくらい?と聞かれると定義が難しいのですが、TOEICで言うと800点台、英検準1級程度のリスニング力があれば大丈夫だと思います。

でもこれらは目安でしかないので、試しに「NHK WORLD Japan」を聞いてみるのが1番です。
「まぁまぁ聞き取れるな」と思えれば、英語圏のニュースにもチャレンジする時期に来ていると思います。

「ほとんどわからないかも・・」という場合は、まずは一般的なリスニング教材を使って精聴するとよいかもしれません。
(わたしは、Core1900を使用しました。)

もちろん、ポッドキャストには、英語学習者向けに英語フレーズや表現を紹介する番組もたくさんあります。
日本語の解説があるものも多いです。

しかし、ポッドキャストはあくまで「リスニング強化」を主な目的として使うのがいいかな、と思っています。

フレーズを覚えるなら、テキストで見る・耳で聴く・実際に使うというプロセスを辿るのが効率的。
ポッドキャストで1回聞いただけではすぐに忘れるし、復習もするなら紙ベースのスクリプトや解説があったほうがいいと私は思います。

中級までは1冊の教材を繰り返し聴いて、スクリプトも確認するような「精聴」を優先するのがおすすめです。

英語のリスニングを上達させる3ステップ勉強法&おすすめ参考書こんにちは!えまです。 今回は、リスニングの勉強法を詳しく解説したいと思います。 わたしは元々、リスニングが大の苦手でした。...

わたしのポッドキャスト活用法

基本的に聞き流しに使っています。

・朝に身支度しながら
・通勤時間に歩きながら
・家でお皿を洗いながら
・お風呂上がりにストレッチしながら

といったタイミングで聴くことが多いです。
学習のメインというよりサブアイテムという位置づけですね。

1日に1エピソード以上は聴いていて、
同じものを何回か聴くこともあれば、違うものを次々に流していくこともあります。
また、上でご紹介したポッドキャストを中心に、その日に気が向いた番組を適当に選んでいます。

聞き流し(ながら聞き)なので、スクリプトを確認したり、ディクテーションしたりはしません。
また、シャドーイングするには私には難しいので、もっぱら”リスニング”しています。

ポッドキャストは、

  • 耳が空いている時間の有効活用
  • 多聴

にぴったりです。

やり方としては、聞き取れない単語は気にせずストーリーの内容を掴むことに集中しています。

毎日聴いて①生の英語に耳を慣らし、②英語のリズムを体に染み込ませたいと思っています!

おわりに

今回は、おすすめの英語ニュースポッドキャストをご紹介しました。

まずは気軽に、いろいろ聞いてみると楽しいと思います♪
わたしは基本的に英語ニュースなのですが、息抜きも兼ねてたまに「All Ears English」や「This American Life」、「The Lavendaire」なども聴いています。

それではまた!