マインドセット

3秒でHappyになる名言セラピー 英語でしあわせ編の感想

こんにちは、えまです。

最近、とても感銘を受けた本があるので紹介します。
英語を通じて、人生を生き抜くマインドを学べる本だと思いました。

3秒でHappyになる名言セラピー(英語で幸せ編) (3秒でハッピーになる名言セラピーシリーズ)

「最近、疲れてるな・・・」
「私の人生って、なんの意味があるんだろう・・・」
「このまま英語を勉強してて、なにかいいことあるのかな・・・」

など、ちょっと一旦立ち止まりたいなぁと思ったときにおすすめしたいです。

タイトルにも「セラピー」とあるとおり、読めば「よし、ぼちぼち頑張ってみるか」とエネルギーが回復していると思います。

英語は人生を変えるヒントの宝庫

この本を読んで気づいたことは、

英語には人生を変えるヒントがたくさん詰まっている

ということです。

  1. 英単語の語源
  2. 英語の名言・ことわざ

を紹介しながら、著者であるひすいさん・アイコさんの経験談を交えつつ
幸せになる生き方や、人生で成功するための考え方が惜しみなく伝授されていました。

Courage(勇気)の語源は?

本書の冒頭で紹介されるのは、courage(=勇気)の語源です。

courageの語源は、

『cour』(心) + 『age』(集合)
=心の集合

つまり、
不安や恐れといったマイナスの気持ちも含めた、すべての心を合わせたのが
”勇気”
なのだそうです。

たった1単語に、これだけ奥の深いメッセージが込められているのか…!
と目からうろこでした。

不安や恐怖を感じながらも一歩踏み出すこと=勇気

すべての心で立ち向かうから、勇気ある行動は人生を変えるほどのパワーがあるんですね。

英単語も、ただ「courage → 勇気」と機械的に覚えてしまうとつまらないけど、
語源を調べるとそれぞれの単語にストーリー性があって、とても面白いです。

「Want」が夢を遠ざける?

個人的に1番印象的だったのが、この話。

「これが欲しい。あれが欲しい」
「こうしたい。ああしたい」

といった「Want」の感情は、
逆に夢の実現を遠ざけてしまうというのです。

その理由も、語源に隠されていました。

「Want」の語源である古ノルド語「Vanta」は、

「不足している」「欠いている」

という意味なのだそうです。

つまり、
「~が欲しい」というとき、その裏には「~が足りない」という不満が潜んでいるというのです。

そして、「類は友を呼ぶ」ということわざのとおり、
「~が足りない」と思う人には「~が足りない」という現実がブーメランのように返ってきてしまうとのこと。

なので、
夢を叶えるためには、「~がしたい」と思ってはだめなのだそうです。

これはかなり衝撃ではないでしょうか?

この話を知らなければ、普通に「~がしたいな、~が欲しいな」と思ってしまいますよね。

じゃあ、夢が叶う願い方ってどんなものなのか?

ここで紹介されているのがソフトバンクの孫正義さんです。

孫さんは、プロジェクトを始める前に
「やったー、成功した!」
とすでにプロジェクトが成功したかのように喜んでしまうのだそう。

「嬉しい!わたしは満たされている!」
という思いを天に投げかけることによって、
「嬉しい!満たされている!」という状態がブーメランのように自分の元に返ってくるというわけです。

「~がほしい」というWant型の願いは、「私には~が足りません」と訴えているのと同じなので、
類が友を呼ぶように「足りない」という状態が自分に戻ってきてしまい、結局夢が叶わなくなってしまうのですね。

だから、何か叶えたい夢があれば

「〇〇ができた!嬉しい!幸せだなぁ」

とすでに夢が叶ったかのように喜んでしまいましょう。

そうすれば、ブーメランのように「何かを達成した状態、幸せな状態」が訪れるというわけです。

それにしても、Wantの語源が「不足している」なんて面白いですよね。

言われてみれば、「不足している」からこそ「欲しい」のだから、納得なのですが。

「足るを知る」という老子の言葉もありますが、
幸せがほしいのであれば、すでに自分は幸せだと思うことが第一歩なのかもしれませんね。

「~が足りない、欲しい」というWantの感情ではなく、
「もう十分に幸せだな」と自分を祝福することがさらなる幸せを運ぶといえそうです。

語源を辿ると普遍の真理に行き当たる

本書では、このほかにも英語の語源がたくさん載っています。

  • understandと「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
  • hospitalityと「敵に塩を送る」

といった、一見なんの関係もなさそうな英語と日本語が、根底では繋がっていました。

英語であれ、日本語であれ、どちらも人間が作り出した『言葉』という点では同じなんですね。

複数の言語を学ぶと、人種や宗教を超えた普遍的な真理に出会えるような気がします。
「国籍や風土が違っても、考えることは一緒じゃん」と。

外国語を学ぶことの醍醐味の1つは、こういう気づきにありますね。

世界中の人がみんな外国語を学べば、人類はみんな同じ土台の上に立っていることが理解できる。

それが少なからず平和につながるんじゃないかなと思います。

改めて、語学っていいなと感じました(^^)

英語の名言からも人生を学ぶ。私が特に印象に残った言葉

語源の話ばかりしてきましたが、英語の名言もたくさん紹介されていました。

その中で私の心に一番響いたのは、ボブ・ディランの言葉です。

All I can do is be me,
whoever that is.
自分自身であることしかできない。
たとえどんな自分であっても。
(149頁)

もっと頭がよければ…
もっと美人だったら…
もっと才能があれば…
もっと健康だったら…
もっとお金があれば…
もっといい人と出会えれば…

人間って、どうしても自分に足りないものに目が向いてしまうし、
他人を羨んだり、嫉妬したりする面があると思うんです。

私は、昔から劣等感とコンプレックスだらけで、いつも満たされることなく生きていました。

劣等感をなくすコツ。こじらせ続けた私が語るコンプレックス解消法こんにちは、えまです。 英語学習と関係ないようで意外とあるかもしれない「劣等感」。 実は、わたしが英語学習を始めたのは劣等感...

でもそういう生き方は、与えられた命を粗末に扱っているのと同じだと思うようになりました。

ボブ・ディランの言うように、
自分は、どんなに努力しようとも自分以外の人間にはなれない。

そのことを本当に理解して、
自分がどんなにどんくさかろうと、不器用だろうと、「普通」に生きられなかろうと、認めて愛してあげること。

これが「幸せ」そのものなのだと、この本を読んで改めて思いました。

  • すでに幸せな人のところに幸せが舞い込んでくる
  • いますぐ幸せになるためには、世界に1人の自分を愛して、精一杯育てること

このことを忘れずに、一日一日を過ごしていきたいなと思います。

まとめ

今回は、「3秒でハッピーになれる名言セラピー 英語でしあわせ編」を読んで学んだことをお伝えしました。

全32話からなるエッセイ集のような本ですが、どれも新しい発見に溢れたお話で一気に読み切ってしまいました。

英単語をたくさん覚えよう!長文読解ばりばりやるぞ!と肩肘張っていると(これらも当然必要ですが)、

個々の単語の裏に隠されたストーリー、歴史にまで思いを馳せる余裕はないですよね。

でも、英単語の語源、名言やことわざを紐解いていくと、生き方・考え方を変えるヒントに出会えます。

英語も日本語も、人類が長い年月をかけて創造した「言葉」。

そこには単なるコミュニケーションツールとしての機能的役割だけでなく、

人類の大先輩からの多くの示唆に富んだメッセージが隠されています。

言葉って本当に奥深い。
自分がきちんと向き合えば、人生の本質を教えてくれる先生になりうるのですね。

だから、今後ポケトークなどのAI技術がどんなに発達しようとも、
私はやっぱり英語をずっと勉強し続けたいなと思いました。

今日のひとこと日記

言葉は奥が深くておもしろい!
人類の歴史や文化、哲学が集約された宝箱。