英検1級

【独学で一発合格】社会人のための英検1級勉強法

こんにちは、えまです。

フルタイムで働きながら勉強するって大変だなぁといつも思います。

どうして時間のある学生のときにもっと必死に勉強しなかったんだろ…🤔

とも思うのですが、まぁ仕方ない。

大学生の頃、英検1級の存在はもちろん知っていたのですが、ちらっと過去問を見て「これは無理だ・・・」と即、諦めました。

それから時は過ぎ、気づけば27歳。

ふと「そうだ。英検1級受けてみよう」と思い立ちました。

『英検1級合格 = 一人前の英語学習者』

という勝手なイメージがあって、いつかは挑戦してみたいとずっと思っていたからです。

今回は、わたしの受験生活を振り返って

忙しい中でも英検1級に効率よく合格したい!という方に向けた

「社会人が最短で1級に合格するために重要なポイント」

を3つ紹介したいと思います。

単語だけは毎日やる

残業や急な用事などで、帰宅後に英語の勉強がとれない日もあると思います。

そんな日でも、単語だけは毎日やりましょう。

なぜかというと、英検1級は単語が命だからです。

日本で生まれ育った99%以上の人にとって、英検1級の単語は「見たことがない」レベルです。

わたしは、最初に過去問を見た時、1問目で心が折れそうになりました。
答えはおろか、選択肢の単語が全部ちんぷんかんぷんだったからです。

しかも、単語は大問1(語彙問題)だけでなく、大問2・3(長文読解)にも大きな影響があります。

長文の中に、英検1級パス単の単語がたくさん出てくるからです。

しかし、これは逆に言えば、
単語さえマスターできれば、リーディングは合格点に届く可能性が高い
ということを意味します。

また、単語は長文読解やリスニングと比べ、短期間で実力がグンと伸びます
(もちろん、読解やリスニングも対策によって力はつきますが、単語は0から一気に合格レベルまで持っていくことができるのが特徴です。)

・単語を知らなければ大問1が解けない
・大問1の対策が、そのまま大問2・3対策にもなる
・やればやるだけ、実力が伸びる
・リスニングにもパス単に載っている単語がふいに登場する
・すきま時間を活用しやすい

これだけ学習の必要性とメリットがあれば、もう単語をやらない理由がないですよね。

わたしが使った単語帳は、ド定番の「でる順パス単英検1級」です。

通勤時間が長い人は、そのすべてをパス単に使うくらいでちょうどいいと思います。

わたしは、往復で2時間なので、平日は通勤時間=単語対策としていました。
(注:痛恨のネットサーフィンで2時間できてない日もありますが。)

昼休みも、ほんの10分くらいでもパス単を取り出して眺めるようにしていました。

※ちなみに、熟語は4問しか出ないので後回ししました(試験直前1か月くらい対策すればOKです)。

しつこいようですが、
英検1級は単語が最重要です。

パス単を8~9割程度モノにすれば、合格可能性はかなり高まりますよ。

最初のころは、なかなか覚えられずに苦しいかもしれません。

でも、目安として2か月半くらい続けていけば、必ず勉強の成果が実感できるはずです。

必要最低限の参考書を繰り返す


社会人受験者は「時間がない」というのが大きな悩みだと思います。

英語の勉強に使えるわずかな時間をどうやって効率的に使うか?
がとても重要なテーマですよね。

効率的な英語学習の基本ルールは、

必要最低限の参考書を使い倒す

ということです。

人間、不安になるとたくさん対策本を買い込みたくなります。

ですが、
どんなに優れたテキストも、繰り返さないと意味がないんですよね。。

  • 評判のよい本を片っぱしから買ってはみたものの、結局すべて手つかず・・・
  • いろんな参考書をつまみ食いしてみたけど全然身に付いていない・・・

これは、別にあなたが怠け者だからではなく、当然のことです。
そもそも社会人で、たくさんのテキストをどれも丁寧に使い込める人なんていません。

だからこそ、

厳選したテキストを徹底的に繰り返す

これが社会人が最短で英検1級に合格するコツだと思います。

ご参考までに、わたしが使った全テキストを載せておきます。
必要ない本は一切買っていない自信があります。笑

①英検1級過去6回全問題集
②でる順パス単 英検1級
③最短合格!英検1級 英作文完全制覇

以上3冊です。

苦手な1~2分野について旺文社の対策本(★1)と面接本(★2)をプラスしてもよいですが、多くても2~3冊に抑えるのをおすすめします。

(★1)
英検1級語彙・イディオム問題500
英検1級長文読解問題120
英検1級リスニング問題150
英検分野別ターゲット英検1級英作文問題 改訂版

(★2)
英検1級 面接大特訓(Jリサーチ出版)
③で挙げた英作文テキストでも足りますが、面接本を買うならコレ一択です。

ごほうびを用意しておく


英検1級に合格するには、少なくとも3カ月は準備する必要があると思います。
(もともとの英語力によって異なりますが、一般的な1級受験者の目安として)

3カ月もあれば、途中で息切れしそうになるときが来るのはあたりまえ。

そんなときは、

・今週末、計画どおりに勉強が進んだら、ハーゲンダッツを食べよう
・一次試験が終わったら、前から行きたかったあのカフェに行ってみよう
・二次試験が終わったら、あの映画を観に行こう
・合格してたら、お気に入りのあのショップに新しい服を買いに行こう

といった感じで、
自分へのごほうびを何にするか妄想してみましょう。

旅行でも、エステでも、マッサージでもなんでもありです🌟

なんだかんだいって、大人だって中身は子どもとほとんど同じ。(私は特に、ですが笑)
ごほうびがあると、やっぱり頑張れるものです。

今日は疲れてモチベーションが上がらない・・・

と思ったら、

♪自分へのごほうび計画♪を立ててみてください。

そして、達成できたら必ず自分にごほうびをあげてください。

自分で自分をほめてあげることは、大事だと思います。
モチベーション管理の重要なテクニックのひとつだと私は思っています。

ちなみに、わたしは合格したら
お気に入りのレストランでステーキランチをする🥩
と決めていました。

効果ばっちりだったと思います(笑)

そんなこといい大人が・・・と言わず、ぜひだまされたと思って試してみてください。

さいごに

今回は、社会人が最短で1級に合格するために大切だと思う3つのポイントをお伝えしました。

1. 単語は毎日かならずやる
2. 必要最低限の参考書を繰り返す
3. 自分へのごほうびを用意する

英検1級は、試験対策を通じて大きく英語力を伸ばすことができる、優れた試験です。

きっかけはいろいろだと思いますが、
大人になっても何か目標に向かってコツコツ努力するというのはとても素晴らしいことだと私は思います。

時には仕事と勉強の両立が難しかったり、なかなか実力が上がらないように感じるときもあるかもしれませんが、働きながら努力している自分をたまには褒めてあげてくださいね。

仕事以外の時間をどう使うかが、5年後、10年後の自分を変える。

そう肝に銘じて、私も英語学習を頑張っていきたいと思います。