英検1級

【英検1級】長文読解問題の勉強法と解き方のコツ

こんにちは、えまです。

今回は、わたしが行った英検1級の長文読解(大問2・3)の勉強法をお伝えします。

多くの英検1級受験者にとって、このセクションは得点源にしたいパートと思います。

わたしは試験1か月前に解いた過去問で16問中4問不正解とすこし不安な状態だったので、そこからギアを上げて長文対策に取り組みました。
(本番では、リーディングは長文読解を含めて41問全問正解することができました。)

といっても、このページを読んでいただければわかるとおり、
やったことはすごくシンプルで、難しいことはなにもありません。

また、今日ご紹介するリーディングの勉強法は、
英検1級だけでなく他の級や一般的な英文読解力UPにも使える方法です。

なので、「長文読解ってどうやって勉強すればいいんだろう?」と疑問に思っている方の参考になったら嬉しいです。

また、後半では「本番にどのような手順で問題を解いていったか」もお伝えします。

短期間で仕上げるには多読よりも精読


まず勉強法ですが、一言でまとめると精読になります。

「英検1級過去6回全問題集」を使い、過去6回分の読解パート(大問2・3)の英文をじっくり読み込みました。

読解対策でやったことは、これだけです。

以下、具体的な手順を書いていきます👇

① 問題文と解答の和訳を見比べて全文を理解する

過去問1回分を解くごとに、問題文の英語を全て読み直します。

1. 1文ごとに和訳を確認し、自分が文の意味を正しく理解できているかチェック

2. 意味が正しく理解できていなかった文について「間違いの原因」を分析する

例えば、

・単語の意味を知らなかった
・文の構造が把握できなかった
・修飾関係を正しく理解していなかった

などです。

多くの場合、語彙か文法に集約されると思います。

3. 「間違いの原因」を解消して、全文を理解する

・単語が原因 ⇒ その単語の意味や使われ方を確認
・文構造の理解不足が原因 ⇒ 和訳を見ながらその文の構造を再検討する

また、どうしても英文と和訳の意味が腑に落ちない・・・というときは、
和訳をイメージしながら英文を何度か音読すると、理解できるようになります。

これが試験1か月前までの勉強法です。

② 完璧に理解できるまで精読する

①の段階でも精読していましたが、他のパート(語彙、リスニング、英作文)も同時に復習していたので、あまり時間をかけられていませんでした。

しかし、過去問を解いていくにつれて、
「あれ?なんか長文難しい・・・?」
ということに気づき始めました。

長文読解パートは1問ミスくらいに抑えたいと思っていたのですが、
想像以上に難解な文章が出題されていた年もあり、あまり安心できないことがわかってきたんです。

そこで、あらためて過去問の英文(5本×6年分=30本)を完璧に理解できるまで精読するという計画を立てました。

ちなみにこのとき、実は「英検1級 長文読解問題120」という本を買おうか悩みました。

「本番では初めて見る文章が出題されるんだから、ある程度内容がわかっている過去問より初見の問題をたくさん解いて、難しめの長文に慣れたほうがよいのかな・・・?」

と思ったのです。

でも、よく考えた末
「残り1か月では、新しいテキストを買ってもどうせ中途半端になってしまう。

それだったら、過去問を徹底的に読み込んで、問題の傾向や解き方の研究をしたほうがよい結果になるのではないか

という結論に至りました。

そこから、過去問の長文を毎日1~2本(例えば今日は2018年度第2回の大問2の2本、明日は大問3の1本・・・という感じ)1つもわからない単語がないレベルにすることを目標に精読しました。

実際のテキストがこれです↓

こんな感じで、

・タイトルから順に丁寧に読んでいく
・わからない単語が出てきたら、マーカーを引いて意味を書き込む
(解答に意味が載っているので、これを書き写すだけ)
・最後まで読み終わったら、もう一度最初から読んでいく
・すらすらと読めたら、終わり

という流れで進めていきました。

結果として、この選択は正解だったと思っています。

どんな試験でも、やはり「過去問が最高の対策本」ですね。

最初に解いたときには
「なにこれ、何言ってるのか全然わからん・・・」
とお手上げだった文章が、

過去問を繰りかえすことで、
「なるほど、わかった!」
に変わっていきます。

難解な英文に慣れることができますし、
英検のパターンみたいなものが体に染み込んできます。

これが、
「英検1級の長文だって、あせらずしっかり読んでいけば大丈夫」
という自信にもつながります。←メンタルは意外と重要!

というわけで、まとめると

過去問6回分を完璧に理解できるまで、精読を繰り返す(2~3回が目安)

地味ですが、これが最も効率的な勉強法だと思います。

これが済んでもなお試験日まで時間がある場合のみ、「英検1級 長文読解問題120」を使うくらいでちょうどよいかと。

あまり時間がない(例:試験本番まで3カ月を切っている)方は、
過去問を繰り返し丁寧に読むようにして、他の参考書には手を出さないほうがよい結果につながると思います。

過去問では正答数に一喜一憂しない

これはわたしの反省点なのですが、過去問演習での正答数はあまり気にしなくてよいと思います。

思ったより得点率が低いと不安になるかもしれませんが、
精読を繰り返していけば必ず読解力はついていきます。

英検1級を受ける方は、準1級レベルの力はすでにお持ちだと思うので、焦る必要はありません。

何点取れたかよりも「英文の意味をしっかり取れているか」が大事です。
意味が取れていなければ、上に書いたような方法で地道に一文ずつ復習すればOK。

また、以下に詳しく書きますが、過去問演習はいろんな解き方を実験する機会として使うのが効果的です。

わたしの長文読解パートの解き方

次に、わたしが実際に大問2・3をどのように解いていたかを紹介します。

…と言ったそばから恐縮ですが、「これが最高の解き方です!」というわけではありません。

過去問を解くなかで編み出した「わたしなりの最善策」ではあるのですが、
これがあなたにとってもあてはまるかどうかは、わかりません。

TOEICでもそうですが、人によって解きやすい方法はさまざまです。

なので、以下で紹介する解き方も試してみていただければうれしいですが、
自己流にアレンジしたり、全然違うアプローチで解いてみたり、試行錯誤してみていただくのが一番かなと思います。

過去問を6回分も解いていれば、自分に合った解き方が徐々に掴めてくるはずです。

大問2:タイトルから順にすべて読む

大問2は、長文の穴うめ問題です。

350語程度の長文2本が出題され、それぞれ3箇所ずつ空所が含まれているので、
そこに入るべき語句を選択肢の中から選びます(計6問)。

わたしは最初、
「空所の前後を読んで、選択肢を見る。正解がわからなければ、他のところも読む」
というちょっと安易な方法で解いていました。

しかし、さすがは英検です。
前後を読んだだけで答えがわかる問題は、ほとんどありません。
(わかった!と思って答えても、間違えてしまいました。)

また、途中から読んで、前の方に戻っていく・・・というのは
普通に読む順番と逆になるので、読みにくくて時間がよけいにかかってしまいます。

そのため、

①空所にはこだわらずにタイトルから順番に読んでいき、空所が来たらいったん選択肢を検討
②答えがわかればマークして、また次の文(空所の後ろの文)から読み進める
答えがわからなければ一旦保留して次の文以降を読み、再度選択肢を検討

この流れで解いていく方法にしました。

ほとんどの場合、次の空所がくるまでに答えが出るように構成されています。

なので、たとえば1つ目の空所の答えがわからないまま2番目の空所のところまで来てしまった場合、それまでの文章で答えの根拠となる箇所を見落としている可能性が高いです。

冒頭から2つ目の空所の前まで読んだのに、1つ目の空所の答えがわからない場合は、もう一度冒頭から読み直してみましょう。

2回読んでみても答えが出なければ、残りの空所を検討し、
最後まで読み終えてから戻って再検討するようにします。

それでもわからなければ、いくら考えてもわからない難問の可能性が高いので、
「これっぽいかな?」
という選択肢をマークして次の問題(大問2の2本目)に進むようにします。

ポイントは以下です。

選択肢がけっこう紛らわしい
→ 選択肢をしっかり読むようにする!

・各選択肢は5~8単語くらいの短いフレーズなので、きちんと意味を把握してからマークしたほうがいい
・雰囲気で選ぶと意外と間違えているので、なるべく根拠をもって選ぶ

✔とはいえ、素直な問題もたまに出てくる
→ 大問3に時間を残すためピンとくる選択肢があればささっとマーク

・大問2で時間を節約できると、余裕をもって大問3の長文に臨める
・選択肢を1から読んでいき「これだ!」というものが見つかれば即マークでOK

大問2の解答時間は15分以内が目安
→1文あたり7~8分以内に解く必要がある
これ以上かかりそうだったら、とりあえず勘でマークして大問3に進む

大問3:設問→本文→選択肢の順に読む

大問3は、①500語程度の長文2本②800語程度の長文1本の計3本から構成されます。
最初の2本に3問、最後の1本に4問の計10問に答えます。
いずれも内容一致問題です。

いろいろ試してみてたどり着いたのが、以下の解き方。

①1つめの設問を読む
②タイトルから順に本文を読む → 1つめの設問に対する答えが書いてある箇所を探す
③1つめの設問の答えをマーク
④2つめの設問を読む
⑤続きの本文を読む → 2つめの設問に対する答えが書いてある箇所を探す
(以下同じ)

ほとんどの問題は、段落と設問がセットになっています。

たとえば、

・第1段落を読むと、設問1の答えが書いてある
・第2~3段落を読むと、設問2の答えが書いてある
・第4段落を読むと、設問3の答えが書いてある

といった具合です。

また、大問3はけっこう長い文章なので、一気に読むのはキツイです。
(英文に読み慣れている人はそうでもないかもしれませんが・・・)

それに、最後まで読み終える頃には、最初のほうの内容は忘れてしまったりしました。

なので、

まずは設問1の答えを探しながら第1段落を読む
→ 設問1の答えをマーク

次に設問2の答えを探しながら第2段落を読む
→ 設問2の答えをマーク

・・・

という順番で解いていくのが、時間と体力のロスを最小限にできる方法だと思います。

また、1問ずつ答えをマークしていくことで、ちょっと気が楽になっていくという効果もあります。
(「あと2問マークすれば次の問題にいける!」みたいに思えるので)

ポイントは以下です。

「英文の内容が理解できているか」
→大問3は、これに尽きます。テクニック的なことは不要です。

✔大問3の解答時間は40分が目安

→以下のペースをできるだけ守る
・設問1つあたり4分
・1つめと2つめの英文は12分ずつ
・3つめの英文は16分

大問3は結構苦労したのですが、そのぶん良問ぞろいで素晴らしいな~と感心したセクションでもあります(なぜか上から目線w)。

試験対策としてももちろんですが、
こういう質の高い文章を精読するのは、リーディング力向上にとっても有効なはずです。

あと、パス単に載っている単語が長文にもわりと頻繁に登場します。

そのため、単語の学習が進んでくると、長文もそれに比例して読みやすくなってくると思います。

普段カタめの英文に読み慣れていない人は、過去問を解くと難しく感じるかもしれませんが、

ここでさじを投げずに精読を続けていれば、必ず合格レベルに近づいていくのを感じるはずです。

まとめ

今回は、英検1級長文読解の勉強法と解き方についてお話しました。

・とにかく過去問を精読する
・解き方(手順)は過去問を解くときにシミュレーションする
→ 本番での解き方を事前に決めておく
時間配分に注意

この3点を守って焦らずに過去問を極めていけば、必ず合格に必要な読解力がついてきます。